アルギニン・シトルリン・オルニチンの本当の効果を徹底比較

精力増強のための強アルカリ性アミノ酸成分アルギニン

アルギニン,シトルリン,オルニチン

 

アルギニンとは、タンパク質を形作る20種のアミノ酸のうちのひとつです。タンパク質は、筋肉、臓器、血液の血球、ホルモンの一部など、動物の体の主要な部分をかたち作り、機能を発揮するのに必要です。
なかでもこのアルギニンとは、リジンとともに水に溶かすと強アルカリ性を示す成分です。

 

体を健康に保つのに欠かせないアミノ酸のひとつです。

タンパク質は体の中に食物の形で摂取するとまず胃に運ばれます。ここで胃酸と酵素の作用で大まかに分解されます。その後、十二指腸や小腸に運ばれ、その際にべつの酵素の作用でアルギニンと、上記のリジンの位置でさらに細かく分解をされ、さらに細かく分解されます。このようにタンパク質に含まれるアルギニンは消化の際にも水に溶けやすいことから、タンパク質の表面に現れやすく、消化の際の大事な認識の場となります。

 

生体内には多くの生理活性ペプチドが働いています。

これらのペプチドはごく微量で効果を発揮し、生体上の重要な役割を担います。いすれもアミノ酸が数個~数十個が連なった形をしています。そのなかにアルギニンを含むものが多いことが知られています。つまり機能上重要な部位に現れやすいことを示しています。また、例えば魚の白子などの一部にもアルギニンを多く含んでいます。このように生殖という重要な機能に関わる場合にも登場します。

 

  アルギニンとは

 人間が生きるうえで重要で、しかもアルギニンなどの成分を含むタンパク質を含む食品や、アミノ酸を含むものを摂取することは、精力増強、体質や疲労の改善には欠かせないものだということがお分かりいただけるでしょう。

 

シトルリンとはアミノ酸成分で血流増加によるペニス増大効果がある

アルギニン,シトルリン,オルニチン

シトルリンとは、アミノ酸の一種でスイカやメロン、ゴーヤなどの瓜系の食物やニンニクにも含まれている成分です。これには血管を広げる働きや血液の巡りを良くしてくれるという効果があります。男性ならばペニスの増大などを思い浮かべたりする事もあるでしょうが、このシトルリンは血流増加効果によってペニス増大も可能性があるのです。

 

シトルリンとは国内で認可されたのは、つい最近の事です。

それまでは非承認成分として手に入れる事は、個人輸入以外出来ませんでしたが、今では色々な会社から販売されていつでも普通に買う事が出来ます。それだけの強い効果があったから認証が遅れた感じです。

 

この強いアミノ酸を使い方次第で、男性のあこがれのペニス増大が出来るのです。

 

作用は?

他の精力剤や精力サプリと併用して使い、ペニスの血管をまず広げ、血流を良くしていき、それを繰り返す事により、海綿体への栄養分の補給が十分に行きわたり膨張して行く可能性があるのです。

 

シトルリンや精力剤は飲んだだけじゃダメ!

ただシトルリンや精力剤を飲んだだけでは、興奮作用だけですので、必ずトレーニングを添えるようにすれば、より一層の効き目を実感できるようになり、ペニス増大にも近づいていきます。シトルリンとはスーパーアミノ酸とも呼ばれるぐらい色々な成果をもたらしてくれる成分です。冷え性や血栓など血管の病気の予防にもなるぐらいなので、血液系の所でしたら、考え方次第で色々な活用方法が利用できます。

 

性別関係なしに利用できます。

オルニチンとは、アミノ酸の一種で肝臓や疲労回復に効果のある成分です。

アルギニン,シトルリン,オルニチン

しじみが、肝臓に良いという事を知っている人も多いのではないでしょうか。なぜ、しじみが良いのかというと、もともと体内に存在するい非必須アミノ酸の一種であるオルニチンという成分を含んでいるからです。

 

オルニチンとは
遊離アミノ酸であり、血液中に溶け込み、体を中を循環し、肝臓で有害なアンモニアの解毒をして、尿素として排出する役目をしています。この解毒作用には、オルニチンが欠かせません。

 

オルニチンが不足すると肝臓に負担がかかり疲労感が増大!

もし、オルニチンが不足してしまうと、肝臓に負担がかかり、機能が低下して、疲労を感じてしまいます。

 

オルニチンとは、チーズ、ひらめ、パンなどの食材に含まれていますが、とくに含有率が高い食品として、しじみが挙げられます。しじみから効率よくオルニチンを摂取するためには、生のしじみを使って調理するのではなく、一度冷凍してから調理をすることで、オルニチンの量が7~8倍になります。

 

オルニチンの効果
  • 肝機能を高める
  • 疲労回復
  • ストレスが軽減
  • 質の良い睡眠をとりやすくなる
  • 筋肉や骨を作る作用
  • 細胞の修復や再生などをする成長ホルモンの分泌を促す

 

上記の悩み以外にこんな人にもオルニチンを積極的に摂取するのをオススメします
  • 疲れ気味の人
  • なかなか寝付けない、眠りが浅いという人

 

お酒を飲む人はもちろんですが、体が疲れ気味だという人は、オルニチンを豊富に含んでいるしじみを毎日の食生活の中に取り入れるのがおすすめです。

アルギニン、シトルリン、オルニチンの効果とこれらの副作用は?

アルギニン、シトルリン、オルニチンは蛋白質を構成するアミノ酸で、小児の場合アルギニンは必須アミノ酸に含まれます。それぞれの、効果は次の様になります。
アルギニンは、肉類や大豆類に多く含まれます。

アルギニンの効果
  • 筋肉増強
  • 血流改善
  • 疲労回復
  • 免疫向上

などで、精力剤などにも含まれているのも頷ける話です。

 

アルギニン,シトルリン,オルニチン

スイカなど殆どのウリ科の野菜に含まれるシトルリンにも似た働きがあり、体内で一酸化窒素を作り出す為、体外へ排出しようと血管を拡張します。
この結果、酸素を多く取り込むため血流の改善、作筋肉増強や疲労回復にも効果があります。

 

そして、じじみに多く含まれるオルニチンは肝臓に存在しているオルニチンサイクルでの働きで有害なアンモニアを代謝し尿素を生成します。この代謝を活発にしミトコンドリアの働きを助ける事で
肝臓の機能を保つと考えられています。

 

副作用について説明します。

アルギニン,シトルリン,オルニチン

副作用に気を付ける必要があるのは、アルギニンとシトルリンで、アルギニンの場合は肝機能の低下、子供やアレルギーのある人や喘息などの持病のある人はサプリメントの利用は控えるべきです。

 

臓器に負荷をかけてしまう為、肝機能の低下の人は勿論、血管を拡張してしまう為、喘息の持病がある人も、ヒスタミンの遊離が起き更に悪化させてしまいます。シトルリンの場合も働きが似ており副作用があり、血管を拡張させる事から血圧の低下が考えられ、降圧剤を使用している方は避けるべきです。

アルギニンとシトルリン、オルニチンのそれぞれの副作用とは

どんなに良い成分であっても時としてそれが副作用としてあらわれることは少なくないとされていますが、アルギニンとシトルリン、オルニチンにおけるそれぞれの副作用はどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

アルギニン

まず、アルギニンは普通に用量を守って摂取している分には問題はないとされていますが、摂取目安量よりも多く大量に摂取してしまうことで下痢や腹痛などの症状を起こすことがあります。
シトルリンもアルギニンと同じく過剰摂取に気を付ける必要があります。

 

シトルリン

シトルリンには血流改善効果があり、大量に摂取しすぎてしまうことで頭の血管が拡張しすぎて頭痛を起こすことがあるとされているほかに、目の充血や鼻詰まりなどの症状も出るとされています。
また、シトルリン血症や血管系の疾患を患っている人は作用が裏目に出ることもありますので控えた方が良いと言えます。

 

オルニチン

オルニチンもアルギニンなどと同じく過剰に摂取しすぎることで体調を崩す可能性が高いと言えます。
必要以上に摂取してしまうと、下痢や腹痛などの症状が起こることがありますので必ず用法・用量を守って摂取するようにしましょう。

 

これらの成分に限らず、その他の成分にも言えることですが早く効果を実感したいからといって過剰に摂取したところで体に影響する作用は変わらないと言えます。

 

むしろたくさん摂取してしまうことで返って体調が悪くなる恐れもありますので、確実に効果を得たい場合には摂取目安量を守り正しいタイミングで摂取していくのが望ましいと言えるでしょう。

アルギニンの効果とシトルリンやオルニチンとの関係性

アルギニン,シトルリン,オルニチン

アルギニンは、肝臓門脈周囲の肝細胞内のミトコンドリアと細胞質ゾルで行われる疲労物質アンモニアを無毒な尿素に分解する尿素回路(オルニチン回路)の過程で生成され、尿素回路(オルニチン回路)においてシトルリンから生成される物質です。

 

オルニチンとはプリサーカーの関係性にある物質です。

 

シトルリンは、尿素回路(オルニチン回路)においてカルバモイルリン酸が酵素OTCを触媒としてオルニチンと縮合反応を引き起こす事で副産物無機リン酸と共に生成され、アルギノコハク酸を経てアルギノコハク酸分解酵素の作用によりアルギニンが生成されます。

 

アルギニンは、加水分解酵素アルギナーゼの作用によりオルニチンが生成されます。
アルギニンは、基本的に吸収率があまり高くない為に消化器官や肝臓などの臓器で消化及び代謝され生物学的利用能が低くなりますが、シトルリンが体内でアルギニンに変化されるので効率良く効果を高めています。又、一酸化窒素合成酵素や補酵素カルモジュリンとニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸などの作用によりシトルリンに変換され際に一酸化窒素を生成し、一酸化窒素は細胞内情報伝達機構に作用し血管平滑筋を弛緩させ血管拡張や血管のクリーニングなどの効果により、心臓や脳、気管支など血管に関わる疾病の予防や性機能の改善効果が期待出来ます。

 

加えて、アルギニンは体の新陳代謝や筋肉を強化する成長ホルモンの分泌を促進する効果があり、アンチエイジングやダイエットなどの効果も期待出来ます。